2020年 きさらぎ賞 過去データから見る1週前見解

まいど!ウマッスルです!

このページでは今週の日曜日2月9日に行われるきさらぎ賞について1週前時点のデータ・見解を紹介していきます!
牝馬2頭は出走が微妙。小頭数で行われるならばスローの決め手勝負が濃厚。

予想の前にランキングアップにご協力お願いします!(下のボタンをクリックしていただけると助かります!)きさらぎ賞の気になる一頭も説明文に記載しています!

血統シックスでは血統6代世代理論で高額払い戻し情報を配信。
登録すれば3つの無料コンテンツを使い放題。無料コンテンツの利用はこちらから登録。



1きさらぎ賞出走予定馬

  • アルジャンナ 牡3 川田 56
  • ギベルティ 牡3 武豊 56
  • クリノプレミアム 牝3 未定 54
  • グランレイ 牡3 池添 56
  • コルテジア 牡3 松山 56
  • サイモンルモンド セ3 和田 56
  • サトノゴールド 牡3 幸 56
  • ストーンリッジ 牡3 シュタルケ 56
  • デアリングタクト 牝3 未定 54
  • トゥルーヴィル 牡3  未定 56

京都は初になるアルジャンナだが、馬場を考慮しても過去2戦でマークした上がり時計は悪くない。流石にこのメンバーなら飛ぶことはなさそう。

サトノゴールドは前走で1着だったブラックホールがホープフルで惨敗。久々ということもあり成長度合いがカギ。

グランレイは後方一気で朝日杯3着だったが、京都実績もあるのでどのポジションでレースをするかがポイント。小頭数なら好位につけて抜け出しを狙う方がいいだろう。

1戦しかしていないが、上積みがあればストーンリッジが面白そう。

2きさらぎ賞の特徴

きさらぎ賞過去8年分の脚質データがこちら。先行馬の成績がいいレース。基本スローからの上がり勝負になっています。上がり最速を出した馬は複勝率100%。

  • 逃げ(1-2-1-4)
    勝率 12.5% 複勝率 50.0%
  • 先行(5-2-2-21)
    勝率 16.7% 複勝率 30.0%
  • 差し(2-1-3-9)
    勝率 13.3% 複勝率 40.0%
  • 追い込み(0-3-2-14)
    勝率 0.0% 複勝率 26.3%


枠順に関しては、内枠が有利
。3、4枠が好成績だが、小頭数レースになることも多く、基本内のレース。今の京都は外伸びだが、直線はやや外目をみんなが通ることになるのではないだろうか。

  1. (1-2-0-5)勝率 12.5% 複勝率 37.5%
  2. (0-2-0-6)勝率 0.0% 複勝率 25.0%
  3. (3-0-2-3)勝率 37.5% 複勝率 62.5%
  4. (1-1-3-4)勝率11.1% 複勝率 55.6%
  5. (0-2-0-7)勝率 0.0% 複勝率 22.2%
  6. (1-0-1-7)勝率 11.1% 複勝率 22.2%
  7. (1-1-1-7)勝率 10.0% 複勝率 30.0%
  8. (1-0-1-9)勝率 9.1% 複勝率 18.2%

注目ポイント

スローになることが多く、先行して早い上がりで抜け出せる馬が有利。

3コースの特徴

今回は京都芝1800 mでの開催ということで、右回り、大箱、直線平坦、非根幹距離となる。
まずは、右回り左回りコースの成績。

  • アルジャンナ
    左(0-1-0-0)右(1-0-0-0)
  • ギベルティ
    左(0-0-0-0)右(1-0-0-0)
  • クリノプレミアム
    左(0-2-0-1)右(1-0-0-0)
  • グランレイ
    左(0-0-0-0)右(1-0-2-0)
  • コルテジア
    左(0-0-0-1)右(1-1-1-1)
  • サイモンルモンド
    左(0-0-0-0)右(0-0-0-0)
  • サトノゴールド
    左(0-0-0-0)右(1-1-0-0)
  • ストーンリッジ
    左(0-0-0-0)右(1-0-0-0)
  • デアリングタクト
    左(0-0-0-0)右(1-0-0-0)
  • トゥルーヴィル
    左(0-0-0-0)右(1-0-0-0)

 戦歴は少ないが、右回りは全馬経験済み。右回りが悪いと分かっている馬は今のところいない。

次に直線平坦コースと坂コースの成績に注目する。

  • アルジャンナ
    平坦(0-0-0-0)坂(1-1-0-0)
  • ギベルティ
    平坦(0-0-0-0)坂(1-0-0-0)
  • クリノプレミアム
    平坦(0-0-0-0)坂(1-2-0-1)
  • グランレイ
    平坦(1-0-1-0)坂(0-0-1-0)
  • コルテジア
    平坦(1-0-1-0)坂(0-1-0-1)
  • サイモンルモンド
    平坦(0-0-0-0)坂(0-0-0-0)
  • サトノゴールド
    平坦(1-1-0-0)坂(0-0-0-0)
  • ストーンリッジ
    平坦(0-0-0-0)坂(1-0-0-0)
  • デアリングタクト
    平坦(1-0-0-0)坂(0-0-0-0)
  • トゥルーヴィル
    平坦(1-0-0-0)坂(0-0-0-0)

1戦しかしていない馬も多いが、アルジャンナ、ギベルティ、ストーンリッジは直線が平坦のコースは未経験。

注目ポイント

アルジャンナ、ギベルティ、ストーンリッジは直線平坦コースへの適性を考える必要あり。アルジャンナはディープインパクト産駒らしくストライドが広く適性は有りそう。

4きさらぎ賞血統データ

血統傾向はサンデーサイレンス系で特にディープインパクト産駒が結果を残しています。該当馬はアルジャンナストーンリッジトゥルーヴィル

注目ポイント

この傾向はかなり強いので、アルジャンナの適正は高そう。

51週前追い切り

※動画がある馬のみになります

アルジャンナ
◆1週前追切り(1/30)

 栗東 坂路 重
52.4-38.4-25.3-12.3 馬なり
2頭併せ
相手:ヴェルテアシャフト(2勝C)
先着
UM指数:9
コメント:2週前から好内容を消化している。既に2週連続で川田騎手が調教に乗っている熱の入れよう。

ウマッスル
ウマッスル
ダイナミックな走りで能力の高さがうかがえる

ギベルティ
◆1週前追切り(1/30)

 栗東 坂路 重
52.0-37.9-24.9-12.7 一杯
単走
相手:-

UM指数:7
コメント:終いは失速気味。途中の走りはキレイなので、最終追いできっちり走り切れれば。

ウマッスル
ウマッスル
最終はウッドで仕上げてほしい。

グランレイ
◆1週前追切り(1/29)
 栗東 CW 重
83.7-67.4-52.8-38.9-12.0 一杯
2頭併せ 外側
相手:ゴールドティア(1勝C)
先着
UM指数:8
コメント:首は高いが追って伸びてはいる。最終追いでもう少し動きに柔らかさが出れば。

ウマッスル
ウマッスル
重馬場の中で時計自体は悪くない。

5 1週前時点見解

上記のデータを踏まえて狙いたい馬は現時点で以下の通り。

◆ アルジャンナ
クリックしてブログランキングを見てね!(現在50位前後)
◆ グランレイ

ウマッスルとつながりませんか?
こちらからLINEに登録でウマッスルとお話ができます!



競馬ランキング

血統シックスでは血統6代世代理論で高額払い戻し情報を配信。
登録すれば3つの無料コンテンツを使い放題。無料コンテンツの利用はこちらから登録。


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事