2020年 シルクロードS 最終見解

まいど!ウマッスルです!

このページでは今週の日曜日2月2日に行われるシルクロードSについて最終見解を話していきます。
高松宮記念に向けた前哨戦という体もあり、各馬のここへの意気込みがポイント。

予想の前にランキングアップにご協力お願いします!(下の投票ボタンをクリックしていただけると助かります!)シルクロードSの気になる一頭も説明文に記載しています!

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ



血統シックスでは血統6代世代理論で高額払い戻し情報を配信。
登録すれば3つの無料コンテンツを使い放題。無料コンテンツの利用はこちらから登録。



1シルクロードS 最終見解

  • 1 レッドアンシェル 牡6 フォーリー 57
  • 2 カラクレナイ 牝6 大野 55
  • 3 モズスーパーフレア 牝5 松若 56
  • 4 ティーハーフ 牡10 国分優 57
  • 5 ダイシンバルカン 牡8 松田 54
  • 6 エイティーンガール 牝4 四位 53
  • 7 ラブカンプー 牝5 斎藤新 52
  • 8 アウィルアウェイ 牝4 川田 55
  • 9 ラヴィングアンサー 牡6 和田 54
  • 10 ペイシャフェリシタ 牝7 岩田康 54
  • 11 ディープダイバー 牡4 酒井 54
  • 12 ジョイフル 牡6 川又 56
  • 13 ディアンドル 牝4 池添 55
  • 14 セイウンコウセイ 牡7 幸 58
  • 15 ナランフレグ 牡4 丸田 54
  • 16 ハッピーアワー 牡4 吉田隼 56
  • 17 ビップライブリー 牡7 高倉 56
  • 18 ダイメイプリンセス 牝7 松山 56

◎ 1 レッドアンシェル
〇 12 ジョイフル
▲ 2 カラクレナイ
△ 13 ディアンドル
△4 ティーハーフ 

京都はBコースに変わったものの、内よりも外が伸びる馬場だった。モズスーパーフレアが引っ張ることで隊列が縦長になると思われ、さすがにフォーリーでも先行して外に持ち出すぐらいはできるだろう。
追い切り内容が良かったジョイフルは前走で化けた可能性が高いが、これまでの京都での成績はあまり良くないので対抗評価まで。
ここまで京都で健闘が続いているカラクレナイは人気薄でこその大野騎手。内からすんなり先行はできるはず。
昨年3着に入ったティーハーフと、55kgを克服しないとこの先使いどころがなくなるディアンドルを抑えに。

ウマッスルとつながりませんか?
こちらからLINEに登録でウマッスルとお話ができます!



競馬ランキング

血統シックスでは血統6代世代理論で高額払い戻し情報を配信。
登録すれば3つの無料コンテンツを使い放題。無料コンテンツの利用はこちらから登録。


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事