まいど!ウマッスルです!

このページでは今週の日曜日2月16日に行われる共同通信杯について1週前時点のデータ・見解を紹介していきます!
マイラプソディが1本かぶりになるレース。それ以外の馬については一部を除いて混戦模様。

予想の前にランキングアップにご協力お願いします!(下のボタンをクリックしていただけると助かります!)共同通信杯のになる一頭も説明文に記載しています!

 

1共同通信杯出走予定馬

  • アジュバント 牡3  未定 56
  • エン 牡3 未定 54
  • ココロノトウダイ 牡3 丸山 56
  • コンバットマーチ 牝3 未定 54
  • サトノインプレッサ 牡3 未定 56
  • シコウ 牡3 未定 56
  • シングンバズーカ 牡3 柴田 56
  • スウィートメリナ 牝3 未定 54
  • ダーリントンホール 牡3 ルメール 56
  • ビターエンダー 牡3  ミナリク 56
  • フィリオアレグロ 牡3 デムーロ 56
  • マートルフィールド 牡3 未定 56
  • マイラプソディ 牡3 武豊 57

唯一57kgを背負うことになるマイラプソディ。馬格はあるので斤量自体は問題にならない可能性が高い。エンジンのかかりは早くないので、前残り馬場でキレ勝負になった場合が足元をすくわれるケースか?今週の雨はあまり苦にならない可能性が高い。

フィリオアレグロのデビュー戦はその後多くの馬が勝ち上がり。最後はやや脚色が鈍った点からも持続力勝負というよりはキレでの勝負寄り。

ダーリントンホールは休み明けで馬体重が重かった面もあるが、前走は追っての伸びはいまいちだった。元々スピードはそこまで高くないので、持久力勝負の方が向く。雨でかなり時計がかかるようにならないと期待ほどの活躍はできない可能性が高そう。

超ピッチ走法のシングンバズーカは内でためて抜け出す展開になれば。

ココロノトウダイが左回りの方がいいので馬券内の可能性が高そう。

2共同通信杯の特徴

共同通信杯過去10年分の脚質データがこちら。先行馬の成績がいいレース。差しもそこそこ成績が良く、追い込みも決まるときは決まる。

  • 逃げ(0-2-1-8)
    勝率 0.0% 複勝率 27.3%
  • 先行(6-4-7-17)
    勝率 17.6% 複勝率 50.0%
  • 差し(2-4-1-25)
    勝率 6.3% 複勝率 21.9%
  • 追い込み(2-0-1-31)
    勝率 5.9% 複勝率 8.8%


枠順に関しては、やや内よりが有利
。ただし、外からもそれなりには馬券内にはからんでいる。ただし、小頭数も多いレースで、馬番なら8番より内側でほぼ決まる。

  1. (3-1-0-6)勝率 30.0% 複勝率 40.0%
  2. (1-2-0-7)勝率 10.0% 複勝率 30.0%
  3. (1-1-0-9)勝率 9.1% 複勝率 18.2%
  4. (1-1-5-6)勝率7.7% 複勝率 53.8%
  5. (3-1-0-11)勝率 20.0% 複勝率 26.7%
  6. (0-1-2-14)勝率 0.0% 複勝率 17.6%
  7. (1-2-2-14)勝率 5.3% 複勝率 26.3%
  8. (0-1-1-16)勝率 0.0% 複勝率 11.1%

注目ポイント

軸は先行馬だが、差し・追い込みも決まる。馬番が8番より内の馬を選ぶべし。

3コースの特徴

今回は東京芝1800 mでの開催ということで、左回り、大箱、直線坂、非根幹距離となる。
まずは、右回り左回りコースの成績。

  • アジュバント
    左(0-0-0-0)右(0-0-0-2)
  • エン
    左(0-0-0-0)右(0-0-0-0)
  • ココロノトウダイ
    左(1-0-0-0)右(1-1-0-0)
  • コンバットマーチ
    左(0-0-0-0)右(1-1-0-0)
  • サトノインプレッサ
    左(0-0-0-0)右(1-0-0-0)
  • シコウ
    左(1-0-0-2)右(0-0-0-2)
  • シングンバズーカ
    左(0-1-1-0)右(1-1-0-1)
  • スウィートメリナ
    左(1-0-1-0)右(0-0-0-2)
  • ダーリントンホール
    左(0-0-0-0)右(1-0-2-0)
  • ビターエンダー
    左(1-0-1-0)右(0-0-0-1)
  • フィリオアレグロ
    左(1-0-0-0)右(0-0-0-0)
  • マートルフィールド
    左(0-0-0-0)右(1-0-0-0)
  • マイラプソディ
    左(1-0-0-0)右(2-0-0-0)

 アジュバント、コンバットマーチ、サトノインプレッサ、ダーリントンホール、マートルフィールドは左回り未経験

次に直線平坦コースと坂コースの成績に注目する。

  • アジュバント
    平坦(0-0-0-1)坂(0-0-0-1)
  • エン
    平坦(0-0-0-0)坂(0-0-0-0)
  • ココロノトウダイ
    平坦(1-0-0-0)坂(1-1-0-0)
  • コンバットマーチ
    平坦(0-1-0-0)坂(1-0-0-0)
  • サトノインプレッサ
    平坦(1-0-0-0)坂(0-0-0-0)
  • シコウ
    平坦(1-0-0-1)坂(0-0-0-2)
  • シングンバズーカ
    平坦(0-0-0-0)坂(1-2-1-1)
  • スウィートメリナ
    平坦(0-0-0-0)坂(1-0-1-2)
  • ダーリントンホール
    平坦(1-0-1-0)坂(0-0-1-0)
  • ビターエンダー
    平坦(0-0-0-0)坂(1-0-1-1)
  • フィリオアレグロ
    平坦(0-0-0-0)坂(1-0-0-0)
  • マートルフィールド
    平坦(1-0-0-0)坂(0-0-0-0)
  • マイラプソディ
    平坦(1-0-0-0)坂(2-0-0-0)

サトノインプレッサ、マートルフィールドは直線が坂のコースは未経験。シコウは直線が坂のコースで成績悪。

注目ポイント

サトノインプレッサ、マートルフィールドは条件未経験。シコウは適性×

4共同通信杯血統データ

血統傾向はサンデー系×ミスプロ、サンデー系×サドラー、ロベルト系が入っている馬が結果を残しています。さらに、ディープ産駒は毎年馬券に絡んでいます。今年はディープ産駒はだとサトノインプレッサ、フィリオアレグロが該当。母父ディープならシングンバズーカが該当。ダーリントンホールとマートルフィールドはかなり欧州寄りの血統でスピードが要求される展開だと厳しい。

注目ポイント

当日の馬場次第で欧州寄りかスピード寄りかを選ぶ必要がありそう。ダーリントンホールは軽い馬場ならマイナス。

51週前追い切り

※動画がある馬のみになります

ダーリントンホール
◆1週前追切り(2/5)
美浦 南W 良
67.5-53.1-39.5-12.6 馬なり
2頭併せ 外側
相手:ヴァンクールシルク(2勝C)
先着
UM指数:8
コメント:やや首は高いが動き自体は軽い。ここへ向けての乗り込み量は豊富。

ウマッスル
ウマッスル
最終追いにルメールが乗るかどうかで本気度が分かりそう

フィリオアレグロ
◆1週前追切り(2/6)

 美浦 南W 良
67.0-52.6-38.9-12.5 一杯
3頭併せ 内側
相手:イーグルバローズ(OP)、アルベルベッロ(新馬)
先着
UM指数:9
コメント:追われてからの反応は良く動きは素軽い。2週前も好内容で1週前にはミルコが騎乗。期待の現れ。

ウマッスル
ウマッスル
最終追いでも好内容なら期待大。

マイラプソディ
◆1週前追切り(2/5)
 栗東 CW 良
97.9-81.8-65.7-50.3-36.5-11.9 馬なり
3頭併せ 外側
相手:デゼル(新馬)、アイワナトラスト(未勝利)
先着
UM指数:10
コメント:今回のメンバーでは1頭だけ動きは別物。この中間も好内容を連発。

ウマッスル
ウマッスル
動きにゆるさもなく、能力はやはり高い

 

5 1週前時点見解

上記のデータを踏まえて狙いたい馬は現時点で以下の通り。

◆ マイラプソディ
クリックしてブログランキングを見てね!(現在50位前後)
◆ ココロノトウダイ
◆ シングンバズーカ

ウマッスルとつながりませんか?
こちらからLINEに登録でウマッスルとお話ができます!



競馬ランキング

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ



 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事