2020年 大阪杯 最終見解

まいど!ウマッスルです!

このページでは今週の日曜日4月5日に行われる大阪杯について最終見解を話していきます。

予想の前にランキングアップにご協力お願いします!(下の投票ボタンをクリックしていただけると助かります!)大阪杯の気になる一頭も説明文に記載しています!


競馬ランキング

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ



 

1大阪杯 最終見解

  • 1 ロードマイウェイ 牡4  武豊 57
  • 2 サトノソルタス 牡5  藤岡康 57
  • 3 ブラストワンピース 牡5 川田 57
  • 4 ワグネリアン 牡5 福永 57
  • 5 ラッキーライラック 牝5   デムーロ 55
  • 6 レッドジェニアル 牡4   酒井 57
  • 7 ステイフーリッシュ 牡5   岩田康 57
  • 8 ダノンキングリー 牡4   横山典 57
  • マカヒキ 牡7 ヒューイットソン 57
  • 10  ジナンボー 牡5   藤岡佑 57
  • 11  カデナ 牡6  鮫島駿 57
  • 12  クロノジェネシス 牝4 北村友 55

◎ 8 ラッキーライラック
〇 12 クロノジェネシス
▲ 4 ワグネリアン
△ 8 ダノンキングリー
△ 9 マカヒキ

単勝 3 ブラストワンピース

見落とされがちだが、エリザベス女王杯の上りは32.8で最速。仕上げ切っていなかった前走でも、上り3位とラストのキレはオルフェ産駒にしてはかなりあるラッキーライラック。2年前のレースのような乗り方をすればうまくはまるのでは?と思う。

クロノジェネシスも状態は良好。エリザベスは距離が長かった印象で、仕上がりのせいではないのでは?(実際上り3位の脚も使っているので、まったくダメだったとは言えない)今回大外枠だが、ペースも早くならないのでポジション取りにはそんなに苦労しないだろう。軸にはもってこいの馬だと思う。

昨年3着のワグネリアンは、ジャパンカップでも3着と実績的に衰えはなさそうで、いきなり走らせても走る点を考えれば、枠的にも不安点はない。昨年と同様にラストの強襲が見られるのでは?

一発あるなら昨年4着のマカヒキ。0.2秒差負けで、3着のワグネリアンとは0.1秒差。ジャパンカップも4着に好走しており、まだまだ死に体ではない。ヒューイットソンの成績もだいぶ良くなってきた点も評価した理由。

あとは、輸送が?なダノンキングリーを相手に組み込んで、ピンかパーのブラストワンピースの単勝を足す。

ウマッスルとつながりませんか?
こちらからLINEに登録でウマッスルとお話ができます!



競馬ランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事